本文へジャンプ

日立産業制御ソリューションズ

Hitachi

NEWSRELEASE

  • ※このニュースリリース記事の情報(製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URLなど)は発売日現在の情報です。予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。
  • ※2007年4月に販売を終了いたしました。

報道各位

2003年2月5日
株式会社 日立マイクロソフトウェアシステムズ

ブロードバンド対応TV 会議システム
「GloBiz21 Enterprise Edition」の販売を開始



株式会社日立マイクロソフトウェアシステムズ(社長:山田邦光、本社:神奈川県横浜市、以下日立MS)は、このたび株式会社アイ・ビー・イー殿(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:菅原仁 証券コード2347: 以下IBE) と販売代理契約を締結し、2003年2月6日よりIBE殿が日本国内で販売権を持つブロードバンドTV会議システム「GloBiz21 Enterprise Edition」の販売を開始します。
日立MS は本製品の販売にあたり、新製品教育や販売ノウハウの伝達での利用が見込まれる家電量販店などや設計部門と製造部門とが頻繁に必要な製造業を主なターゲットとして展開いたします。

「GloBiz21 Enterprise Edition」はインターネット・イントラネット環境でWebブラウザを利用して、自席のPCから動画、音声、テキストなどによる双方向のコミュニケーションを実現するTV会議システムです。インターネット環境を利用することによって、専用線を使用するTV会議システムに比べて通信費などの運用コストを大幅に削減できる利点があります。また、TV会議だけでなく、コミュニケーションや、プレゼンテーション、教育などの分野でネットワーク環境を活用して、経費削減、業務の効率化を推進することが可能です。本製品は韓国CXP社が開発し、Video ITソリューションの提供を行うシステムインテグレーターであるIBE殿が日本国内市場向けに商品化支援を行い販売しているものです。

従来、コミュニケーションの強化と経費削減を目的として多くの企業でTV会議システムの導入が検討されてきましたが、専用会議室の整備にかかる初期導入コストや専用線利用時の運用コストが多大であることが導入の大きな障害となっていました。
こうした問題点に対するソリューションとして、日立MSは本製品が専用会議室や専用線を必要とせず、初期導入コストと運用コストを大幅に低減できることのほか、APCコーデックを使用しているため画質と音声の品質が高い点、ネットワークの負荷をクライアント側は150Kbps程度と低く押さえることができる点で同種の他製品に比べ優れていると判断し、多くの企業に受け入れられるシステムと確信したことから、販売を行うことといたしました。また、システムの導入から運用開始までのリードタイムを短縮するため、ソフトウェアとハード(サーバ)、インストール作業、操作教育をパッケージ化したソリューションも提供いたします。

ブロードバンド時代到来により、動画、音声を利用したより高品質なコミュニケーションを手軽に利用できるシステムを求める要望がますます高まっています。
日立MSはこうしたニーズをビジネスチャンスと捉え、従来のデジタル映像ソリューションに「GloBiz21 Enterprise Edition 」の販売および関連ソリューションの提供を追加することで、デジタル映像ソリューションビジネスの拡大を図ってまいります。

GloBiz21 Enterprise Editionについて

主な特徴

  • インターネット環境を利用するため、専用線を使用するシステムに比べて大幅に通信コストを削減できます。
  • 既存のPCにカメラとヘッドセット(マイクとヘッドホン)を装備するだけで、手軽に利用することができます。
  • クライアントPCではMicrosoft(R)Internet Explorer上で利用できます。(本製品専用のソフトウェアは不要です。)
  • 低ビットレートでの画像品質に優れたKDDI研究所のデータ圧縮技術「APC(Advanced PreCoding)」を採用した、高品質な画像を通信速度に応じて利用できる使いやすいシステムです。
  • 最大25人までが同時に接続が可能です。
  • 動画、音声、テキストによるコミュニケーションが可能です。

販売価格

GloBiz21 Enterprise Edition サーバソフトウエア

6,500,000円(税別)
(25 ユーザー同時アクセスライセンス)
※ カメラ、ヘッドセット、PCは含んでおりません。
※ データベースにOracleを使用する場合は、別途Oracle 製品の購入が必要です。

GloBiz21 Enterprise Edition 導入パック

8,500,000円〜(税別)
(サーバソフトウェア、サーバー機器、インストール作業、操作教育を含む)
※ カメラ、ヘッドセット、PCは含んでおりません。
※ データベースにOracleを使用する場合は、別途Oracle製品の購入が必要です。

インストール費

500,000円(税別)

カメラ・ヘッドセット

18,000円(税別)(1セットの価格です)

年間保守契約

950,000円〜(税別)

推奨動作環境

クライアント
OS Windows(R)98SecondEdition、Windows(R)Me、Windows(R)2000、Windows(R)XP
Webブラウザ Microsoft(R)Internet Explorer5.5以上
CPU Pentium(R)IIIプロセッサ450MHz以上
メモリー 128Mバイト以上
HDD 10Mバイト以上の空き容量
ネットワーク 100Mbps LAN
必要帯域 128Kbps以上
ディスプレイ解像度 1024×768ピクセル以上、24bit High Color
サウンドボード 必須
カメラ 必須
ヘッドセットまたはマイク、スピーカー 必須
サーバ
OS RedHat Linux6.2以上
HTTPサーバ apache 1.3.26以上(製品に同梱)
CPU Pentium(R)IIIプロセッサ600MHz 以上(Dual CPU推奨)
メモリー 512Mバイト以上
HDD 9GB以上の空き容量
ネットワーク 100Mbps LAN
必要回線 T1回線以上
  • *データベースは、Oracle(R)またはMySQLが必要

販売開始日

2003年2月6日

販売目標

2003年度15サイト、システム総額1.5億円

CXP社について

CXP社について
設立 1999年12月22日
資本金 29億9千万ウォン
代表取締役 チョン ドゥ ベ
社員数 35名
主要株主 サムスン物産、KTF、Joins.com、Lycos Korea
所在地 ソウル市江南区三成洞152-67 イルシンビル3F

商標について

  • Microsoft、Windowsは、米国およびその他の国における米国Microsoft Corporationの登録商標または商標です。
  • Microsoft(R)Internet Explorer、Windows(R)98、Windows(R)2000、Windows(R)XPは、米国Microsoft Corporationの商品名称です。
  • Pentiumは、米国およびその他の国におけるIntel Corporationまたはその子会社の商標または登録商標です。
  • ORACLEは、ORACLE Corporationの登録商標です。
  • Red Hatは、米国およびその他の国におけるRed Hat, Inc. の登録商標です。
  • GloBiz21は韓国CXP社の登録商標です。
  • その他記載の会社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

お客さまからの本製品に関するお問い合わせ窓口

(株)日立マイクロソフトウェアシステムズ 市場開拓部 担当:平井
〒244-0817 神奈川県横浜市戸塚区吉田町292番地
TEL:045-865-8155(ダイヤルイン)、FAX:045-865-8161
製品紹介ホームページURL:http://www.hitachi-ms.co.jp/globiz21/

以上