本文へジャンプ

日立産業制御ソリューションズ

Hitachi

NEWSRELEASE

  • ※このニュースリリース記事の情報(製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URLなど)は発売日現在の情報です。予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。
  • ※2004年6月に販売を終了いたしまいた。

報道各位

2003年1月14日
株式会社 日立マイクロソフトウェアシステムズ

Webメールサーバソフトウェア「GraceMail Ver.3」を
富士通PRIMEPOWER 上でサポート開始>



株式会社日立マイクロソフトウェアシステムズ(社長:山田邦光、本社:神奈川県横浜市、以下日立MS)は、このたび富士通株式会社(以下富士通)殿製のUNIX サーバPRIMEPOWER(プライムパワー)100およびPRIMEPOWER200上で、Webメールサーバソフトウェア「GraceMailVer.3」の動作確認を完了し、「PRIMEPOWERパートナーカタログ」へ登録いたしました。
PRIMEPOWERは、その優れた性能と信頼性が評価され、25,000台を超える出荷実績があります。
日立MSは、今回富士通殿の公開Webで運営しているパートナーカタログへの登録により、富士通殿の「PRIMEPOWER CENTER(プライムパワーセンター)」が開催する各種ソリューションのセミナー、同センターホームページなどを通じて、GraceMailをPRIMEPOWERソリューションとしてPRIMEPOWERユーザー層に強くアピールすることにより、ビジネスの拡大を図ります。

PRIMEPOWER およびパートナーカタログについて

PRIMEPOWER

PRIMEPOWERは富士通殿が開発した「SPARC64(TM) GP/SPARC64(TM) V」プロセッサに、基本ソフトウェアOSとして、Solaris(TM) Operating Environmentを採用したUNIXサーバです。
「PRIMEPOWERパートナーカタログ」はPRIMEPOWERに適用可能な製品/サービスを紹介し、ソフトウェアベンダー、ハードウェアベンダー、システムインテグレーター各社と富士通殿が一体となって、お客さまに最適なソリューションを提供するための情報を提供しております。
2002年10月現在で約300社の商品が登録されています。

GraceMailについて

GraceMailについて
製品概要 クライアントPCのWebブラウザを利用して、メールを受信・発信するメールサーバソフトウェアとして1997年12月に発売以来、一般企業をはじめ、教育機関、医療機関、ネットワーク事業者など約4,000サイト(OEM製品を含む)の導入実績があります。
標準価格 218,000円(税別)(GraceMail基本ソフトウェアのみ)

商標について

  • SolarisおよびすべてのSolarisに関連する商標及びロゴは、米国およびその他の国における米国SunMicrosystems, Inc.の商標または登録商標です。
  • SCD適合ロゴを含むすべてのSPARC商標は、米国における米国SPARC International, Inc.の商標または登録商標です。SPARC 商標が付いた製品は米国Sun Microsystems, Inc. が開発したアーキテクチャに基づくものです。
  • UNIXは、The Open Groupの米国ならびにその他の国における登録商標です。
  • GraceMailは、(株)日立マイクロソフトウェアシステムズの登録商標です。
  • その他記載の会社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

お客さまからの本製品に関するお問い合わせ窓口

(株)日立マイクロソフトウェアシステムズ 市場開拓部 担当:田上
〒244-0817 神奈川県横浜市戸塚区吉田町292番地
TEL:045-865-8155(ダイヤルイン)、FAX:045-865-8161

以上