ページの本文へ

Hitachi

(株)日立産業制御ソリューションズ

機能紹介(作業の流れ)

インシデント・アクシデント分析支援システム

シンプルな運用、院内のコミュニケーション活性化にも寄与

医療機関向けインシデント・アクシデント分析支援システムの運用は、あくまで日常業務の一環に組み込まれます。だからシンプル。しかも報告とレスポンスがシステムを通じて手軽に行えるので、病院内のコミュニケーションツールとしても有効にご活用いただけます。

シンプルな運用、院内のコミュニケーション活性化にも寄与

報告書作成/閲覧(報告者/部署責任者)

報告書の様式は、日本医療機能評価機構に合わせた報告書様式と、入力項目を少なくした「医療版失敗学」独自様式を用意。施設の運用に合った様式を選択できます。
発生事例内容と合わせて、動機的原因(「医療版失敗学」の”言い訳”)を記入します。タブレットでの報告書閲覧やファイルの添付も可能です。

報告書作成/閲覧(報告者/部署責任者)

原因分析/対策決定(医療安全管理者)

医療機関で起こりやすい失敗事例をヒントに、原因を分類・分析します。さらに、「医療版失敗学」分析フレームワークを用いて分析者の思考を整理し、再発防止・未然防止策の立案をサポートします。

インシデント・アクシデントを、事象の結果ではなく原因で分類します。

原因分析/対策決定(医療安全管理者)

改善実施(医療安全管理者、報告者/部署責任者)

医療安全管理者からの対策指示に対して現場がどのように対応しているのか、部門責任者から現場への指示と、指示に対する現場スタッフからの回答により把握できます。

指示の対応状況が一目でわかります。

改善実施(医療安全管理者、報告者/部署責任者)

統計分析(医療安全管理者)

蓄積したデータから、分類別集計、クロス集計(オプション)などが行えます。集計結果は、CSV形式によるデータ出力も可能です。

「医療版失敗学」の分類で集計できます。

統計分析(医療安全管理者)

  • * このページは国内向けに提供する商品/サービスの情報です。
  • * 本製品を輸出等される場合には、外国為替及び外国貿易法の規則ならびに米国の輸出管理規則など外国の輸出関連法規をご確認のうえ、必要な手続きをお取りください。なお、ご不明な場合は、当社担当営業にお問い合わせください。