ページの本文へ

Hitachi

(株)日立産業制御ソリューションズ

ADSTEFANとは

鋳造シミュレーションシステム ADSTEFAN

ADSTEFANとは

よりよいものづくりを目指す、すべての技術者のために

≪高速解析≫≪簡単操作≫≪信頼の基盤≫イメージ画像

鋳型内への溶融金属の流入の様子や凝固する過程は、これまでブラックボックスとされてきました。

ADSTEFANは、シミュレーションにより鋳造過程をコンピュータ上で可視化することで、不良低減、コスト削減、試作回数低減に大きく貢献できる支援ツールです。

その開発ポリシーには「解析の専門家ではなく、鋳造技術にかかわるすべての人に手軽に使っていただきたい。」との思いが込められています。

私たちのミッションはこれからもかわることなく発展し続けます。

高速解析

鋳造シミュレーションは、コンピュータ上でトライアンドエラーを繰り返し、欠陥の少ない最も合理的な鋳造製法・条件を捜し求めるツールです。

そのためには、数多くの解析を試みる必要があり、現実的にはケースごとの解析時間が及ぼす影響は計り知れません。 ADSTEFANは従来からトップクラスの高速解析ツールとして定評が有りましたが、さらには最新の超並列コンピューティング技術、 大規模解析技術を取り入れ、解析時間の大幅な短縮を実現します。

簡単操作

CADデータのインポート、メッシュ生成、解析条件設定、結果評価などの一連のプロセスを共通のGUIで提供します。 CAD情報、メッシュ情報、物性値情報、解析結果などは、各ツール間でデータの受け渡しが可能で、解析にかかわるすべての処理フローを一括管理します。

この共通の操作環境下では、既存の解析結果と新たなアイデイアによる結果の比較が容易に行え、さらには外部の解析システムとの連携ツールを用いた受け渡しや、 最適化エンジンと統合された最適設計システムの中核への組み込みなど、鋳造設計プロセスの多彩な展開が可能となります。

信頼の基盤

東北大学・産学協同プロジェクト「鋳造CAE研究会(stefanの会)」において鋳造30余社のベテラン技術者のノウハウが結集され、 約7年間の歳月を経て研究・開発された成果を技術移転機関(TLO)である株式会社テクノアーチを通じ製品化に至った鋳造シミュレーションシステムです。

「ADSTEFAN」を利用する技術者の情報交換の場であるユーザ会や技術セミナ、日常的なユーザサポートから収集される最新のニーズから新たな機能を開発し、 更なる使い勝手向上を追及しています。開発された機能は「ADSTEFAN」サポートサービス契約によりユーザへ配布され、アフターフォローからフィードバックされるユーザ評価は、 新たな開発テーマとして「ADSTEFAN」に反映されます。

このパートナーシップが2010年の「第8回産学官連携功労者表彰 文部科学大臣賞」受賞につながりました。

  • * 本製品を輸出等される場合には、外国為替及び外国貿易法の規則ならびに米国の輸出管理規則など外国の輸出関連法規をご確認のうえ、必要な手続きをお取りください。なお、ご不明な場合は、当社担当営業にお問い合わせください。