ページの本文へ

Hitachi

(株)日立産業制御ソリューションズ

3D設計教育サービス

3Dモデリング&3DプリンタSIサービス

3D設計教育サービスご紹介

3D設計教育サービス紹介

  • 業界でも評価の高い アレックスエンジニアリング社のトレーニングマニュアルを使用
  • 東京(秋葉原)での集合教育メニューとなります
  • 下記コース以外にオンサイト教育(解析、サーフェス、SOLIDWORKS Electorical、SOLIDWORKS Composer、SOLIDWORKS Enterprise PDMなど)も用意していますので、お気軽にご相談ください

コース一覧

教育コース一覧
コース 概要
SOLIDWORKS基本編(3日間) SOLIDWORKSの基礎を学習します。
インターフェースの解説、アイコン一覧、スケッチ作成→部品作成→アセンブリ作成→図面作成の一連の流れを解説します。
SOLIDWORKSアセンブリ編
(トップダウン設計)(3日間)
SOLIDWORKSのアセンブリに関する知識を深め、3次元CADの最も重要な手法「トップダウン設計」について学びます。
製品の企画、仕様検討、構想設計、詳細設計を全てSOLIDWORKSで行うことでより実務に即したスキルを身につけます。
SOLIDWORKS部品応用I
(板金)(1日間)
板金部品の設計におけるSOLIDWORKSの使い方を学習します。
板金機能を使用することでいつでも展開形状を図面化することができます。
SOLIDWORKS部品応用II
(溶接)(1日間)
溶接鋼材を使用したフレーム構造の設計におけるSOLIDWORKSの使い方を学習します。
鋼材長さなどを含む部品表付きの図面を簡単に作成することができます。
SOLIDWORKS図面編(2日間) SOLIDWORKSの図面機能を使って、詳細な製作図、組立図を作成する手法を学びます。
また当社オリジナルとして、2D図面を使用した3D化の機能を使い、標準部品作成や構想3Dモデルを作成する手法を解説します。
※ソリッドワークス社マニュアルと補足資料で実施します。

会場

当社「東京本社」: 東京都台東区秋葉原6番1号 (秋葉原大栄ビル)

  • * このページは国内向けに提供する商品/サービスの情報です。
  • * 本製品を輸出等される場合には、外国為替及び外国貿易法の規則ならびに米国の輸出管理規則など外国の輸出関連法規をご確認のうえ、必要な手続きをお取りください。なお、ご不明な場合は、当社担当営業にお問い合わせください。